馬の耳

よろしく

ジェレミー曲 - 起源とその記録




"ジェレミー"歌詞とボーカルのエディヴェダー、音楽、ベーシストのジェフ知的障害者を書いていています。この曲の音楽は、バンドの前にはAlice in Chainsのサポートでのツアーは2月、1991年に出て書かれています[2]
知的障害者は曲:
私はすでに、私には指示していたハマー12弦ベースで再生と私はアコースティックギターの上に書いた音楽の2つの部分...アイデアだった。ときに、ベース、のいずれか[ピース]"ジェレミー"....私は、エンディング時にそれを2番目の時間を記録していたの考えていたなった... ...私は12弦ベースoverdubbedに到着し、我々はチェロに追加。その大きなれた時間を生産、私たち....リックの[Parashar]'寺supertalentedエンジニアミュージシャン...ストーン[ゴサード、パールジャムのリズムギタリスト]病気の1日だったし、エド、リックと私は、アートを巻き起こしたを開き、曲を閉じます作品。そのように楽しい私はそのような全体の記録を作りたいと思っている。[3]
別のインタビューでは、知的障害者特記:
我々は良い曲を知っていたが、それを戻すと、トップにプッシュするエンディングに座ってコーラスを右のを感じるようになっ大変だった。調整する実質的に1つの最高の幸せを記録するようにをしていないから行ったかかります。場合、それは最高の曲はアルバムにはよくわからないが、私はそれを最高だと思う。上の"ジェレミー"私はいつも合唱し、最後には、この他のメロディーを聞いて、それはギターやベースで良い音はありません。だから我々はバックグラウンドボーカルインスピレーションチェロ選手で、もたらしたこれらのことは本当に起こるの歌した。もし何か、すぐに作業をしていない時間のほとんどは、私だけでファックと言う。しかし、このときに忍耐をオフ[2支払わインスタンスされました]

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら